スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急告:No62にミス

 No62(ロンバルド王国)の記述にミスがありました。(1)に568年建国とあるのは、ユスティニアヌス帝死後の、一般に言われるロンバルド王国の建国年で、(1)の別の(最初の)ロンバルド王国の建国はもっと前です。それは遅くとも5世紀と思いますが、現在リサーチできていません。大学に入ってからでいいですから、もし分かったら教えて下さい。
 つまり、ロンバルド王国は2つあるのです。1つめは、ゲルマン人の移動期にパンノニアから現在のオーストリアのあたりに移動し、さらにイタリア半島北部に侵入し、建国しました。これもロンバルド王国です。これを滅ぼしたのはユスティニアヌス帝です。
 東ローマ帝国が弱体化すると、現在のオーストリア方面に撤退していたロンバルド人は、アルボインに率いられてイタリアに侵入し、568年に建国しました。この2つめの国も、普通にロンバルド王国と呼ばれています。フランク王国のピピンは、これと戦って領土の断片を奪いましたが滅ぼすことはできず、その子のカール大帝がこれを滅亡させ、鉄王冠を奪いました。
 相変わらずミスが多く失礼しました。市販教材のゲルマン人の移動の地図で、北イタリアにロンバルド王国と印刷してある国は、矢印と位置からは最初のロンバルド王国なのに、年代は568~774となっているのです。これではワケが分かりません。この年代は568年建国でカールに滅ぼされた二番目のロンバルド王国のことです。本物の高校生だった鈴木少年が、一番混乱した事項の一つです。どんなに読みにくても難しくてもいいから、混乱を起こしにくい教材が欲しかったことを今でも覚えています。その思いが、今「講義録」を作らせていますが、No62ではミスを書いてしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。