スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業でも申しましたが

 再び恥をさらします。父の死で県立高校、国公立大学という道以外に選択肢のなくなった鈴木少年は、生まれて初めてホンキで勉強した中学3年間の奮闘で、なんとか小泉元首相の母校県立横須賀高校に入り、3年間金もないのに頑張りました。一橋大学受験の朝、「6年間に及ぶ労苦は終わった」という気持ちで入試に臨み、そして失敗しました。同じ合格でも国公立や難関校の現役合格者は、たいていスレスレでバーを飛び越えるのです。わずかの心理的マイナスでも決定的ダメージを作ります。ですから、皆さんは、「さあ、ここから戦いが始まる。いままでは武器をゲットし、それを磨き、ワザを鍛えてきただけだ。今、実戦の場に立てることが嬉しい。」こういうココロのありかたで試験場に向かって下さい。フィギュアスケートの真央ちゃんは、調子の良い時には「試合がしたくてたまりません」と言いますが、あれは本心なのです。彼女たちには、おそらく心理面をサポートする専門家がついています。自分でやらなきゃならない諸君は大変ですが、現代社会の「成年式」みたいなものですから、逃げずにしっかりコントロールしてください。
 なお、当時は国立大学の授業料は3千円(私立は1万2千円程度)で、本当に貧乏でも行けました。今はどうでしょうか。なお、悔しいから書き加えますが、現役で中央(法)は合格しました。入学金払えなかったけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。