スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

743名

昨日は743名のゲストをお迎えして説明会は大成功でした。743と言えば日本史では墾田永代私有令ですね。3回の公式説明会を終え全体として昨年をかなり上回る来校者を記録しました。2本のBR15は性能を遺憾なく発揮し最後尾まで明瞭な学校仕様のスーパークリアー・サウンドを届けてくれました。昨日は生徒さんから身に余るコメントを頂いております。ありがとうございます。このブログはあまり読み手に配慮していませんので、ご心配をおかけしてしまいましたが、大丈夫です。実はこんなのは日常のことで、大きな行事の時、私個人にかかる負担とプレッシャーはものすごいものがあります。若い頃はよく倒れましたね。今まで過労で意識を失い入院したことが3回ありますが、年齢を重ねると疲れ方も上手になり、倒れるまでは頑張れないようになります。「体力の残量計」が頭に常駐していて、意識的にコントロールしています。皆様が心配なさるので「疲れた」って書かないようにしましょうか。
私の場合は世界史オタが世界史の先生やってるし、機械オタが学校の放送・映像仕事してる訳で、そうなると他校でも他の先生の場合でも、たいていこうなるんです。たとえば合唱コンは最低3カメ(ビデオカメラを違う場所から同時に3台回す)で撮らないと気が済まないんですが、今は正面から私の振る自由カメラと万一に備えた固定カメラ(無人)とエディロールだけで我慢!自分の中のオタクを必死に抑えています。本当はピアニストと指揮者をステージ側から撮った画が欲しいんです。全部キャプチャーしてアドビプレミアに乗せると現場でスウィッチングしたかのように編集できます。
若い世代の方々にお伝えしておきますね。学校でも企業でも同じコトですが、お客様をお迎えしての行事で美しい伸びやかな音声を会場の隅々まで届けることが誠意の第一歩、やって当然あって当たり前。生徒諸君が数ヶ月もの貴重な時間を費やして打ち抜く学級演劇をハイビジョンカメラできちんと撮って残す!希望者には記念DVDをあげて保護者様にも見ていただく。これが基本。これもやって当然あって当たり前。学校の最低限すべきことです。・・・・これが私の信念です。人は自分の信じるところに従って良心の命じるままに働くことが最高の幸せだし、そういうチャンスに恵まれて大変幸せだと感じています。人はただ無駄に疲れていくものではない、ということを分かってください。
私はPCに向かって教材やパワーポイントを制作したりリサーチしたり読書したり論文書いたり・・そういう仕事も大好きですが、作業服で大汗をかいて機材を運んだり設営したり、そういうガテン系の仕事も大好きで、ダイエットにも好適です。私には、働き者だった父母から受け継いだ模範的プロレタリアートの血が流れています。そういえば、私の世代の祖父母は明治生まれで、その先代は幕末ですから歴史上の過去って意外と近い位置にあるんですね。そして父方は下級武士、母方は農民と商人、先祖代々ずっと貧乏でした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。