スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたりまえだの・・・

 屋上で夕焼けを見つめる管理職に「だいじょうぶですか」と心配して声をかける若い女性部下に対して、上司が「あたりまえだ あつこちゃん」と言うCFがありましたが、若い人はオリジナルを知っているだろうか。
 1960年代に「てなもんや三度笠」という時代劇バラエティー番組が毎週放映されていました。OPでいきなり殺陣があり、股旅すがたの藤田まことさんがゴロツキたちをやっつけた後、「俺がこんなに強いのも、あたりまえだのクラッカー」と手に持った商品を前につきだしながらキメ台詞を言うのです。スポンサーはクラッカーを得意とする前田製菓の一社提供でした。なお前田製菓のクラッカーは本当に安くて旨いです。
 当時の藤田まことさんは、年齢を重ねても必殺シリーズに見るようにステキな超一流の俳優さんですが、この頃は若くてカッコ良かったですねえ。歌も美声でお上手で、三度笠姿がよく似合いました。すでに故人となられたことが悔やまれます。
 全く勉強せず、漫画とテレビしか見ず、自ら何も考えようとせず、混沌とした意識しか持ち得なかった少年時代がフラッシュバックするCFです。まだ書いていない自分史では「混沌期」と命名している時期です。幼いころから努力家だったに違いない現任高の「教え子」の皆さんにはとうてい理解不能だと想像されるので、申し上げますが、意識を持って勉強することがない、流されている状態の子どもには、すべては年齢相応以上に混沌としていて、ワケが分からないものなのです。このような児童にどんな教育が最適かは充分には研究されていないような気がします。
 この状態ですと、小学校高学年でますます高度化する授業は全く理解できず、無気力と混沌が加速されるという悪魔のスパイラルに陥って、中1までに驚くべき低学力が完成します。しかもそれが思春期の入口付近でそうなる!人によってはグレるのは当たり前です。私は、グレませんでしたが、プラモ作りや電子工作に逃げ道を作りながら、低学力地獄の底で呻吟していました。この地獄の底から這い上がり、早稲田にも合格したし国立大学を卒業して先生になっちゃったという、実に希な幸運に恵まれた貴重な経験の持ち主です。この「混沌期」の経験は今教材作りに生かされています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。