スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えば遠くに

 横高のクラス会は幹事さんのご尽力で今も続いています。たしか新制第24期生でしたね。今日、最新の住所録をいただきました。今までのところ46人中判明した死亡者1。この年齢の集団としては平均値なのでしょうが、残念です。卒業後の彼がどんな人生を歩んで、どのように亡くなられたか知りたくも思いますが、皆それぞれがそうであるように、昭和40年代、50年代を懸命に駆け抜けた人生は、たぶんお互いによく似ているのだと思います。ただご冥福をお祈りするばかりです。
 横高時代と言えば、障害を得た母の朝食・昼食を用意して登校するので自分は朝食どころではなく、満員バスで行く三浦県道は、毎朝衣笠(きぬがさ)十字路手前で渋滞にはまり、バス停じゃないところで降ろしてもらって横高まで走ったりしました。いつもにも増してお腹をすかせて1時間目が始まるのでした。2時間目の休み時間には食堂が営業していて、本当に助かりました。神奈川県では定時制併設高の食堂は全日制の生徒にも販売してよいことになっているのです。
 冷房のない夏期講習で背中に汗が流れる感覚を今も覚えています。先生方も大変だったろうなと、自分がプロになった今、思いますが、教材も教授法も今はずっと進歩しています。全ての授業を液晶プロジェクターとパワーポイントを駆使したプレゼン授業で進める理由のひとつは、やはり自分自身が生徒だったころの「こんな授業が受けたかった」という願望ですね。横高と同じく、旧制時代以来の伝統ある高校(府立第6高女)の年齢の割に大人びた生徒諸君の前で授業していると、教卓の向こう側にいた頃を思い出します。女子は特に優秀です。横高もそうでしたね。
 久々に横高の3年間クラス替えのなかった、あの6組の雰囲気を思い出しました。3年間も毎日顔を合わせていた、まるで親戚みたいな仲間たちの健闘を祈るばかりです。とりあえず定年まで頑張ろう。
 ご同輩の諸君、人間ドックだけは行っておこう。私は職場の集団検診は全部パス。自分が信頼する病院で自分の負担で納得のいくまで検査を受けています。胃ファイヴァー検査は2回に1回は組織培養になります。危ない危ない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。