スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森を歩けば

 年を取ると若き日のつまらない日常を鮮明に思い出すものです(私だけだったりして・・)。期末考査も近く先生方が必死に進度をかせぐ梅雨明けの7月、感心な青年の例に漏れず、昨晩何時に寝ようと(あるいは寝ていなかろうと)、必ず同じ時刻に朝食をとり身支度します。いつもお友だちだったラジオは昨晩の「パック・イン・ミュージック」のままTBS。障害を得た母の朝食と昼食を急いで用意して、番組の変わり目の定刻に必ず流れる「森を歩けば」を合図に玄関を出ます。朝靄を振り払って昇る太陽の、まばゆいほどの放射を浴びて横高に行くのです。この曲を聴くと、あの明るさと希望感を昨日のことのように思い出します。17歳でしたねえ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。