スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラ すてき

 鮮魚売り場で見かける「身アラ」という商品を知っていますか。魚を切り身におろしていく過程で商品になりにくい切り落としが出てしまいます。その中の比較的調理しやすい部分をパックした格安品です。庶民の食卓では、たとえば「ブリ大根」は初めから「身アラ」を使うことをほぼ前提にしています。マグロの「身アラ」パックは一番上に赤身があり、その下に大量の「血合い」が隠れていたりします。毛細血管の集中した「血合い」は独特のクセがあり生食はしませんが、スライスしてショウガ醤油につけて胡椒を振って唐揚げにすると、私たちの年代的には、学校給食で欠席生徒の分が大じゃんけん大会となるほどの人気だった鯨の竜田揚げに似ています。
 先日買ったカジキマグロの「身アラ」はすごかったですね。良心的なお店で骨が全くないようにしてくれていました。大量の味噌漬けを制作したほか、小片は唐揚げにして「酢豚」風に仕上げ、大人気でした。
 お店によっては、希にホントに酷いものをパックしている場合もあり、「身アラ」を買えばお店の職人さん方の心意気が伝わってきます。骨が残っているもの、部位の性質上、骨の除去が不可能な場合もあり、「身アラ」の購入は若いキッチン初心者にはリスクを伴うことをお伝えしておきます。
 最近ですが、「西京漬け」の西京ペーストの自作に成功。粕漬けも実験中。味噌漬けは実用レベル。現在もハマっています。深夜1時ごろから明け方まで勉強する毎日ですが、勉強に飽きるとたいていキッチンにいます。先生だから、一番得意なのは授業のハズですが、アレ? 実は一番得意なのは料理なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。