スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山川用語って何

 山川用語 って何? って聞かれました。すみませんねえ。省略が多くて。とかく教師は自分が知っていることはみんなも知っていると錯覚しがちですので気を付けます。山川出版社の「世界史B用語集」(厳密にはBが○で囲んである)
 収録全用語に数字が表示されていて、国内の世界史教科書の何種類に掲載されているかが示されています。「頻度1なのに出題された」とか「頻度11、死ぬほど大事」とかいうのはこのこと。構成は山川出版の教科書の単元構成に合わせて50音順ではなく、単元ごとに理解に必要な用語が網羅され、後続単元での重複掲載も敢えて行っています(もちろん切り口が異なる)。
 もちろん、わずかですが、?な記述もありますが、信頼の置ける本だと思います。受験生は買うべし。難点は開きやすくしてあるためか造本が弱く、本気で使うと1年で壊れます。柔らかい表紙は軽くコーティングしてあり拭いたり消毒したりできますので、Gを叩くのにも使えます。
スポンサーサイト

コメント

No title

個人的には実教出版の用語集なんかが好きです。山川とあわせて使うと効果的だと感じます

実教の用語集

コメントありがとうございます。早速アマゾンに注文出しました。実は手にとったことがありません。山川用語以外では、角川世界史事典、山川の世界史小辞典、旺文社の世界史事典を使用していますが、これらはサイズが大きいです。ネット上に無償の用語集があるといいですね。/受験レベルの世界史を教えるようになって、今年で6年目。まだ20代の駆け出し教員と変わりません。進学校のベテランの世界史教諭が当たり前に知っている辞典・参考書や諸々の基礎知識の中でも、私は全然知らないことがまだあります。もっともっと勉強したいとますます思います。一応ちゃんと出来たころにはもう定年!残念ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。