スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年生(高1)の現時点で解けるセンター試験問題

2015の追試・再試用問題の【33】
正しいものを選べ。
① セルビア人は,バルカン半島に定住後,ローマ=カトリックに改宗した。
② アリウス派は,コンスタンツ公会議で異端とされた。
③ キリスト教世界は,11世紀に,ローマ=力卜リック教会とギリシア正教会に分裂した。
④ ユーグ=カペーは,アルビジョワ派(力タリ派)を制圧した。
スポンサーサイト

4年生(高1)でも解けるセンター問題

2009【26】
カロリング朝フランク王国が建国された8世紀に起こった出来事について述べた文として正しいものを選べ。
① ピピンは、ランゴバルド王国を滅ぼした。
② カール大帝は、マジャール人を撃退した。
③ 唐の太宗の治世は、開元の治と呼ばれた。
④ ハールーン=アッラシードの治世が始まった。
-------------------------
正解は④
① 滅ぼせなかった。領土の一部を奪い教皇に献上。たしかに8世紀。
② アヴァール人 業績は9世紀にかかる
③ 貞観の治  おまけに時代も7世紀
④ 786年即位 アッバース朝全盛期のカリフ

世界史の勉強法とペース

世界史の勉強法とペースを教えて欲しい方が多いようです。教科書の小単元(せいぜい2ページ)を何度も読み、何が書いてあるのかまとめて自分に説明しましょう。ある程度の広さまでまとまったら、『スピードマスター』や各種用語チェックなど最も簡単な問題集でチェックしましょう。これを繰り返して、8月までに教科書を終わらせて下さい。授業をよく聴き、授業が終わっている部分は異様なほど詳しくなりましょう。定期考査はほぼ満点で当たり前です。
学祭が終わったら過去問です。第一志望は過去10年分です。誤った部分は、通史レベルまで遡って徹底的に反省し、二度と誤答しないこと。模試を受けたら答案が戻ってくるのを待たず、自己採点用の書き込みを基に解説集を食べ尽くして下さい。
11月はセンター準備スタート。過去10年分はやりましょう。
以上は一般論です。東大・一橋・東京外語など小論対策は10月スタートでよいでしょう。ご担当の先生に相談しましょう。数学の不得意な方は一橋は難しいかも。

「第二の人生?」

 お陰様で、2014年3月31日をもって、都立三田高校を最後に定年退職しました。教員生活、現役37年間、一教諭でした。関係の皆様に厚く感謝申しあげます。
 4月1日より、都立立川国際中等教育学校で5年生4クラスと6年生の選択講座を担当させて頂いています。三田高校もそうでしたが、本当にすばらしい生徒さんたちで、ここで教壇に立てるのは大変幸せなことだと思います。
 仕事の質も量も、現役時代を上回るという事態は、想定はしていましたが、やはり凄いものがあります。私の人生、「第一の」も「第二の」もありません。ひたすら全力疾走あるのみ。倒れないよう上手にやりますが、これは何年もは持たないかもね。

一太郎について

 一太郎はどんなものかということについて、ツイッターでは難しいのでここに書いておこう。
 ATOKは本当に優秀です。ワードなどofficeのソフト上でATOKを使用することもできるので、使って見ればわかります。
 私の場合複数の具体的な技術上の理由で世界史の教材プリント制作は一太郎以外では無理です!例の講義録も一太郎。ワードは素人のDTPワークの道具としては直感的操作感と自由度の面で弱点が多すぎ。特に「これだけの内容をA4版1枚に収めなきゃ」という場合、一太郎が圧倒的に有利。
 officeは当然「1バイト」の文字を前提に作られている。漢字は「2バイト」文字で英字2文字分のスペースが必要なので日本語版はそもそも無理に対応させている。EXCELでは和文を入力した部分のモニター表示とプリント出力が一致しないことがよくあったが、最新版はそんなことがないことを願うばかりです。
 私は、ワープロソフトについては「国粋主義」!一太郎は四国徳島で日本人が立ちあげた企業が、日本語入力を前提として制作した純国産のソフト。外国企業との契約や情報共有が日常的な企業ならともかく、都立高校の教員用個人端末にインストールされていないなんて、ありえない!それともこれは教材を制作しちゃいけない端末なのか?国語入力、国語による文書・教材編集は日本の文化の重要な一部分です。
 一太郎は罫線が自由に引けることは有名ですが、画像の配置、サイズ変更が簡単なのは案外知られていません。「花子」を買うとおまけについてくる「花子フォトレタッチ」はフォトショに準じる能力を持つ。これがインストールされていると、一太郎編集画面上の画像をダブルクリックすると自動的に「花子フォトレタッチ」が起動し、その画像を表示してくれる。画像を修正して×を推すと、修正された画像が自動的に一太郎の元の場所に戻される!地図多用の教材更新に便利。この機能があるので、地図の手直しが簡単にでき、分かりやすい教材が作りやすい。

テーマ : 教育 - ジャンル : 学校・教育

○○ハン国のまとめ

言うまでもなく13世紀に成立したのはキプチャク=ハン国、イル=ハン国、チャガタイ=ハン国で大元ウルスを中心とするモンゴル帝国を形成した。このうちのキプチャク=ハンの衰退で15世紀に成立したのは、クリム=ハン国、アストラハン=ハン国。ティムール朝を滅ぼしたウズベク人のシャイバーン朝の衰退で16世紀成立したのはブハラ=ハン国、ヒヴァ=ハン国。さらにブハラ=ハン国から18世紀に自立したのはコーカンド=ハン国。ハン国はまずこれを固めよう。

講義録記入例

No70
1:聖地巡礼 2:セルジューク朝 3:ウルバヌス2世 4:クレルモン宗教会議(クレルモン教会会議、クレルモン公会議とも言う) 5:イェルサレム王国 6:ラテン帝国 7:ローマ教皇 8:国王 
9:イタリア諸都市 10:レコンキスタ 11:ドイツ騎士団領 12:両シチリア王国(通称)
No71
1:ヘンリ2世 2:プランタジネット朝 3:ジョン王 4:インノケンティウス3世 5:貴族 6:大憲章 
7:ヘンリ3世 8:シモン=ド=モンフォール 9:エドワード1世 10:模範議会 11:フィリップ2世 
12:フィリップ4世13:三部会 14:ボニファティウス8世 15:アヴィニョン 16:教皇のバビロン捕囚
17:フランドル 18:エドワード3世 19:ジャンヌ=ダルク 20:シャルル7世 21:シャルル8世 
22:バラ戦争 23:ヘンリ7世 24:テューダー朝 25:ノルマン朝 26:ウィリアム1世 
27:プランタジネット朝 28:ギュイエンヌ地方 29:フランドル地方 30:ドンレミ村 31:シャルル7世32:ヘンリ7世
No72
1:純粋荘園 2:貨幣 3:ヨーマン 4:百年戦争 5:ペスト 6:死の舞踏 7:封建反動 
8:ジャックリーの乱 9:ワット=タイラーの乱 10:領主(あるいは貴族) 11:都市 12:地方関税
No73
1:領邦 2:大空位時代 3:ハプスブルク家 4:カール4世 5:金印勅書 6:選帝侯 7:ドイツ騎士団
8:ヤゲェウォ朝朝リトアニア=ポーランド王国 9:カルマル同盟 10:ウェストファリア条約 
11:モスクワ大公国 12:イヴァン3世 13:両シチリア王国 14:教皇党 15:皇帝党 16:レコンキスタ
17:カスティリャ王国 18:アラゴン王国 20:イサベル 21:フェルナンド22:スペイン王国 
23:ナスル朝 24:グラナダ 25:ポルトガル王国 26:ジョアン2世
No74
1:フィリップ4世 2:三部会 3:身分制議会 4:ボニファティウス8世 5:教皇のバビロン捕囚 6:大シスマ7:コンスタンツ公会議 8:異端審問 9:ウィクリフ 10:フス
No75
1:神学 2:聖職者 3:ラテン語 4:ヒエロニムス 5:シチリア島 6:トレド
7:スコラ哲学 8:アウグスティヌス 9:アリストテレス 10:トマス=アクィナス 11:神学大全 
12:普遍論争 13:実在論 14:アンセルムス 15:唯名論 16:アベラール 
17:ウィリアム=オブ=オッカム 18:ロジャー・ベーコン 19:サレルノ大学 20:ボローニャ大学 
21:パリ大学 22:オックスフォード大学 23:ケンブリッジ大学 24:プラハ大学
No76
1:ローランの歌 2:アーサー王物語 3:ニーベルンゲンの歌 4:トゥルバドゥール
5:ミンネジンガー 6:エッダ(詩) 7:ダンテ 8:ペトラルカ 9:ボッカチオ 10:バシリカ
11:円屋根 12:モザイク 13:ロマネスク様式 14:ゴシック様式 15:ステンドグラス 
16:ケルン大聖堂 
No77
1:ラテン帝国 2:プロノイア制 3:ヴェネツィア 4:オスマン帝国 5:キエフ公国
6:ウラジーミル1世 7:ギリシア正教 8:バトゥ 9:モスクワ大公国 10:イヴァン3世 11:ツァーリ
12:イヴァン4世
No78
1:クリルタイ 2:チンギス=ハン 3:モンゴル帝国 4:西征 5:ホラズム朝 6:西夏 7:オゴデイ 
8:カラコルム 9:バトゥ 10:キプチャク=ハン 11:モンケ 12:クビライ13:フレグ 14:アッバース朝15:大都 16:大元ウルス 17:南宋 18:ジョチ家 19:キプチャク=ハン国 20:チャガタイ=ハン国 21:ティムール 22:フレグ家 23:イル=ハン国
No79
1:ムスリム商人 2:東西貿易路 3:杭州 4:泉州 5:広州 6:元寇 7:プラノ=カルピニ 8:ルブルック9:モンテ=コルヴィノ 10:マルコ=ポーロ 11:世界の記述 12:イブン=バットゥータ 13:駅伝制 
No80
1:パクパ文字 2:科挙 3:色目人 4:漢人 5:南人 6:農業(農耕) 7:交鈔 8:白蓮教徒
9:紅巾の乱 10:元曲 11:西廂記 12:琵琶記 13:郭守敬 14:授時暦

いつもの夢

 ここ数年、同じ夢を時々見る。遠距離通学のため大学の近くに学生寮を確保し、普段は泊まらないんだけれど支払いと挨拶はしているという設定。リアルでもそうしたかったんだけど、もちろん金がなかった。それで夢に出てくるんだろう。4人部屋で2段ベッドが2つ。専有面積も最小、寮費も最安。食事は寮費に含まれず、予約制。この学生寮は貧しい学生であふれていて、いつも賑やかで暖かだった。「今年は4年生で卒論とかあるので、泊まることも多くなると思います。よろしくお願いします。」と挨拶する場面で夢は終わる。夜遅くまで実験してデータをとったり、夢の中ではなぜか理系の学生で化学を専攻している。

Twitterで気をつけたいこと

東北大の沼崎一郎先生がtwitterというメディアの本質について語っておられます。非常に重要なご指摘だと思いますので、以下に無断でコピーさせていただきました。
【新入生諸君2013】ツイッターのツイートは、一つ一つが独立したURLを持つ「ホームページ」です。あなたのフォロワーだけが見るわけではなく、どんな検索に引っかかるか、誰が見てるか、全く分かりません。世界中の誰に聞かれても困らないことでなければ、ツイートしないほうがいいんですよ。(@Ichy_Numa)
【新入生諸君2013】SNSリテラシーも身につけましょう。ツイッターもフェイスブックも、全世界に公開され、しかも消えずに残るものです。知ってて使ってますか? フォロワー数も何も関係なく、あなたのツイートはアメリカの国会図書館に保存されます。歴史資料として。(@Ichy_Numa)

No229~233の記入例

No229
1:第2次囲い込み 2:スモッグ 3:中産階級 4:聖月曜日 5:マニュファクチュア 6:産業資本家 
7:賃金労働者 8:工場制機械工業 9:ラダイト運動 10: 聖ピーター事件 11:労働組合 12:団結禁止法 
13:人民憲章 14:チャーティスト運動 15:マルクス 16:エンゲルス 17:空想的社会主義
No230-1
1:13植民地 2:ケベック 3:ルイジアナ 4:プリマス 5:ニューイングランド 6:マサチュセッツ 
7:ペンシルヴェニア 8:ジョージア 9:ニューヨーク 10:開拓者精神 11:タウンミーティング
12:カウンティ制度 13:タバコ 14:重商主義 15:パリ条約 16:印紙法 17:茶法 18:ボストン茶会事件
19:フィラデルフィア 20:大陸会議 21:パトリオット 22:ロイヤリスト 
No230-2
1:レキシントン 2:アメリカ独立戦争 3:ワシントン 4:コモンセンス 5:独立宣言 6:ジェファソン
7:サラトガ 8:武装中立同盟 9:コシューシコ 10:ヨークタウン 11:パリ 12:フロリダ 
13:アメリカ連合規約 14:合衆国憲法 15:フィラデルフィア 16:ブルジョワ革命(市民革命) 
17:黒人奴隷制度 18:先住民 
No231
1:アンシャン=レジーム 2:聖職者 3:貴族 4:平民 5:サンキュロット 6:ブルジョワジー 7:テュルゴー
8:ネッケル 9:三部会 10:国民議会 11:憲法制定国民議会 12:バスティーユ要塞(牢獄、監獄) 
13:封建的特権 14:人権宣言 15:ラ=ファイエット 16:ヴェルサイユ行進
No232
1:ミラボー 2:フイヤン派 3:オーストリア 4:ヴァレンヌ 5:憲法 6:立法議会 7:ジロンド派 
8:義勇兵 9:8月10日事件  10:ヴァルミーの戦い 11:国民公会 12:ジャコバン派
13:マラー 14:ダントン 15:ロベスピエール 16:第1回対仏大同盟 17:ジャコバン派 18:公安委員会
19:恐怖政治 20:1973年憲法 21:徴兵制 22:革命暦 23:テルミドールの反動
No233
1:総裁政府 2:バブーフ 3:カンポ=フォルミオの和約 4:アブキール湾の戦い(ナイルの海戦)
5:第2回対仏大同盟 6:ブリュメール18日のクーデタ 7:統領政府 8:マレンゴの戦い 9:宗教協約
10:アミアンの和約 11:ナポレオン法典 12:ナポレオン1世 13:第3回対仏大同盟 
14:トラファルガー沖の海戦 15:アウステルリッツの戦い 16:ライン同盟 17:神聖ローマ帝国 
18:大陸封鎖令 19:ティルジット条約 20:ウェストファリア王国 21:ワルシャワ大公国 22:ナポレオン帝国
23:マリー・ルイーズ 24:モスクワ遠征 25:ライプチヒの戦い 26:エルバ島

No58~77の記入例公開

No58
1:偏西風 2:森林 3:大河川 4:ドナウ 5:ゲルマン人 6:ケルト人 7:カエサル 8:タキツゥス
9:耕地 10:ローマ帝国 11:フン人 12:ドナウ 13:アッティラ 14:カタラウヌムの戦い
15:テオドリック 16:スラヴ人 お:西ゴート  か:東ゴート  き:フン人
No59
1:ライン川 2:フン人 3:アッティラ王 4:カタラウヌムの戦い 5:オドアケル 6:東ゴート人 7:476年 8:1453年 9:コンスタンティノープル 10:ユスティニアヌス 11:ローマ法大全 12:絹織物業
13:聖ソフィア大聖堂 14:ソリドゥス金貨 15:ノミスマ 16:アヴァール人 17:ビザンツ帝国
No60
1:ヘラクレイオス1世 2:軍管区制 3:レオン3世 4:聖像崇拝禁止令 5:ビザンツ様式 6:スラブ人
7:バルカン半島 8:西スラブ人 9:ポーランド 10:南スラブ人 11:クロアティア人 12:セルビア人
13:東スラブ人 14:キエフ公国 15:ウラジーミル1世(ウラディミル1世)16:キリル文字
No61
1:グレゴリウス1世  2:修道院  3:ベネディクトゥス  4:レオ1世  5:メロヴィング家  
6:クローヴィス  7:アタナシウス派  8:ユスティニアヌス帝  9:聖像  10:レオン3世  
11:聖像崇拝禁止令 12:カール=マルテル 13:トゥール・ポワティエ間の戦い 14:ピピン(3世)
15:カロリング朝 16:レオ3世 17:カール大帝 18:ギリシア正教会 19:アーヘン 位置はh
20:ロンバルド 21:ザクセン 22:アヴァール 23:アルクイン 24:カロリング=ルネサンス 25:伯
都市の位置  ランス(a)、トゥール(b)、ラヴェンナ(d)、コンスタンティノープル(e)
No62
1:ゲルマン人 2:東ローマ帝国 3:アリウス派 4:アルボイン 5:パヴィーア 6:ローマ教皇 
7:ピピン(3世) 8:カール 9:サルデーニャ 10:オーストリア
No63
1:東フランク 2:ロタール領 3:西フランク 4:ヴェルダン 5:メルセン 6:イタリア王国 
7:選挙王政 8:ザクセン朝 9:オットー1世 10:マジャール人 11:教皇 12:アーヘン 
13:ヨハネス12世 14:神聖ローマ帝国 15:ユーグ=カペー 16:カペー朝 17:ノルマン人
No64
1:マジャール人 2:オットー1世 3:ノルマン人 4:ユトランド 5:ヴァイキング 
6:アルフレッド大王 7:ロロ 8:ノルマンディー公国 9:シチリア王国(両シチリア王国※) 
10:ノルマンディー公ウィリアム 11:ノルウェー 12:スウェーデン 13:デンマーク 
14:リューリク(ルーシ) 15:ノヴゴロド国 16:キエフ公国 17:モスクワ大公国 18:イヴァン4世 
19:ノルマン 20:マジャール人 21:イスラーム教徒 22:封土 23:軍役 24:臣従礼 25:従士制
26:恩貸地制 27:領主 28:不輸不入権 29:騎士道 
No65
1:封建制 2:封土 3:軍役 4:領主裁判権 5:不輸不入権 6:領主 7:騎士道 8:農奴
9:農奴(農民)保有地 10:賦役 11:貢納 12:荘園 13:婚姻許可税 14:死亡税 15:十分の一税
16:領主裁判権 17:古典荘園 18:純粋荘園/地代荘園 
No66
1:シトー派修道院 2:鉄製農具 3:三圃制 4:レコンキスタ 5:十字軍 6:耕圃 7:家畜
8:村落共同体 9:重量有輪犂 10:開放耕地制(解放と書かないように) 11:カトリック
問題演習正解 【1】 1 ニ d  ホ a  ヘ b  ト b   2  ⑤ d
No67
1:遠隔地商業 2:毛織物業 3:北イタリア 4:東方貿易 5:フランドル 6:ハンザ同盟 
7:シャンパーニュ 8:アウクスブルク 9:フッガー家 10:自治権 11:帝国都市 12:コムーネ 
13:ロンバルディア同盟 14:カルマル同盟
No68
1:商人ギルド 2:同職ギルド 3:ツンフト闘争 4:市民 5:都市 6:職人 7:自由競争 8:十字軍 
9:ゲットー 10:ラテラノ公会議 11:マラーノ 12:ポグロム 13:ロシア 14:レコンキスタ
15:ユダヤ人 16:魔女狩り
No69
1:終末論 2:聖地巡礼 3:聖職位階制 4:聖職叙任権 5:帝国教会政策 6:クリュニー修道院
7:フランチェスコ修道会 8:ドミニコ修道会 9:グレゴリウス7世 10:ハインリヒ4世 
11:カノッサの屈辱 12:ヴォルムス協約 13:教皇首位権 14:インノケンティウス3世 15:ジョン
No70
1:聖地巡礼 2:セルジューク朝 3:ウルバヌス2世 4:クレルモン宗教会議(クレルモン教会会議、クレルモン公会議とも言う) 5:イェルサレム王国 6:ラテン帝国 7:ローマ教皇 8:国王 
9:イタリア諸都市 10:レコンキスタ 11:ドイツ騎士団領 12:シチリア王国
No71
1:ヘンリ2世 2:プランタジネット朝 3:ジョン王 4:インノケンティウス3世 5:貴族 6:大憲章 
7:ヘンリ3世 8:シモン=ド=モンフォール 9:エドワード1世 10:模範議会 11:フィリップ2世 
12:フィリップ4世13:三部会 14:ボニファティウス8世 15:アヴィニョン 16:教皇のバビロン捕囚
17:フランドル 18:エドワード3世 19:ジャンヌ=ダルク 20:シャルル7世 21:シャルル8世 
22:バラ戦争 23:ヘンリ7世 24:テューダー朝 25:ノルマン朝 26:ウィリアム1世 
27:プランタジネット朝 28:ギュイエンヌ地方 29:フランドル地方 30:ドンレミ村 31:シャルル7世32:ヘンリ7世
No72
1:純粋荘園 2:貨幣 3:ヨーマン 4:百年戦争 5:ペスト 6:死の舞踏 7:封建反動 
8:ジャックリーの乱 9:ワット=タイラーの乱 10:領主(あるいは貴族) 11:都市 12:地方関税
No73
1:領邦 2:大空位時代 3:カール4世 4:金印勅書 5:選帝侯 6:ハプスブルク家 7:ドイツ騎士団領
8:ヤゲェウォ朝朝リトアニア=ポーランド王国 9:カルマル同盟 10:ウェストファリア条約 
11:モスクワ大公国 12:イヴァン3世 13:両シチリア王国 14:教皇党 15:皇帝党 16:レコンキスタ
17:カスティリャ王国 18:アラゴン王国 20:イサベル 21:フェルナンド22:スペイン王国 
23:ナスル朝 24:グラナダ 25:ポルトガル王国 26:ジョアン2世
No74
1:フィリップ4世 2:三部会 3:身分制議会 4:ボニファティウス8世 5:教皇のバビロン捕囚 6:大シスマ7:コンスタンツ公会議 8:異端審問 9:ウィクリフ 10:フス
No75
1:神学 2:聖職者 3:ラテン語 4:ヒエロニムス 5:シチリア島 6:トレド
7:スコラ哲学 8:アウグスティヌス 9:アリストテレス 10:トマス=アクィナス 11:神学大全 
12:普遍論争 13:実在論 14:アンセルムス 15:唯名論 16:アベラール 
17:ウィリアム=オブ=オッカム 18:ロジャー・ベーコン 19:サレルノ大学 20:ボローニャ大学 
21:パリ大学 22:オックスフォード大学 23:ケンブリッジ大学 24:プラハ大学
No76
1:ローランの歌 2:アーサー王物語 3:ニーベルンゲンの歌 4:トゥルバドゥール
5:ミンネジンガー 6:ダンテ 7:ペトラルカ 8:ボッカチオ 9:ロマネスク様式 10:ゴシック様式
11:ケルン大聖堂
No77
1:ラテン帝国 2:プロノイア制 3:ヴェネツィア 4:オスマン帝国 5:キエフ公国
6:ウラジーミル1世 7:ギリシア正教 8:バトゥ 9:モスクワ大公国 10:イヴァン3世 11:ツァーリ
12:イヴァン4世

アケメネス超ペルシアがオリエントを統一するまでのまとめ

No07_オリエントの世界帝国1、2年生の皆さんへ。「これ欲しい」という声に応えて掲載。アケメネス朝ペルシアがオリエントを統一するまでの政治史。超重要ポイント総押さえ。

講義録No222(プロイセンとオーストリア)本文に誤りあり

3年世界史選択者へ:講義録No222(プロイセンとオーストリア)に誤りあり。ご指摘ありがとう。A面下から9行目。「ユトレヒト条約」→「ラシュタット条約」。スペイン継承戦争がユトレヒト条約(1713)だけで終わったと思ったら大間違い・・と解説した本人が間違えました。

質問に答えて:
ウィッグ党をホイッグ党と書いた場合減点になりますか?
  まったく問題ありません。


また、連合東インド会社は東インド会社と記して問題ないでしょうか?
  連合東インド会社は、乱立した複数の東インド会社を1602年に統合したものですから、入試答案レベルではずっと東インド会社でよろしいと思います。

講義録記入例No215~221

No215
1:カディス港 2:無敵艦隊(アルマダ) 3:東インド会社 4:救貧法 5:ヴァージニア植民地 6:航海法 
7:イギリス=オランダ戦争8:ジャマイカ 9:ポルトガル 10:西インド諸島 11:綿織物 12:黒人奴隷 
13:タバコ 14:イギリス人 15:アヘン 16: 17世紀半ば 17:生活革命
No216
1:ユグノー 2:ユグノー戦争 3:サン=バルテルミの虐殺 4:アンリ4世 5:ブルボン朝 6:カトリック 
7:ナントの勅令 8:ルイ13世 9:リシュリュー 10:マザラン 11:ルイ14世 12:フロンドの乱  
13:コルベール 14:重商主義 15:東インド会社 16:ヴェルサイユ宮殿 17:ナントの勅令 
No217
1:ウィリアム王戦争 2:フェリペ 3:アン女王戦争 4:ユトレヒト条約5:ミノルカ島 6:アシエント
No218
1:ヴェルサイユ宮殿 2:サン=スーシ宮殿 3:エル=グレコ 4:ルーベンス 5:ファン=ダイク6:ベラスケス7:レンブラント 8:ムリリョ 9:ワトー 10:ブーシェ 11:フラゴナール 12:バッハ 13:ヘンデル 
14:ハイドン 15:モーツァルト 16:ベートーヴェン 17:コルネイユ 18:ラシーヌ 19:モリエール 
20:ミルトン 21:バンヤン 22:デフォー 23:スウィフト 24:シラー 25:ゲーテ
No219
A面 1:ベーコン 2:デカルト 3:カント 4:ヘーゲル 5:ニーチェ 6:ハイデガー 7:サルトル
B面
   記入例1:大憲章(マグナ・カルタ) 2:権利の請願 3:ピューリタン 4:名誉 5:権利の章典         6:アメリカ独立 7:アメリカ合衆国 8:人権宣言
【 】 記入例   9:グロティウス 10:王権神授 11:ホッブズ 12:ロック 13:ルソー 14:百科全書
          15:モンテスキュー 16:ヴォルテール 
No220
1:魔女狩り 2:ボイル 3:パスカル 4:ニュートン 5:ラヴォワジェ 6:ライプニッツ 7:ハーヴェー 
8:ジェンナー 9:リンネ 10:植物園 11:王立協会 12:オーストラリア 13:新聞 14:重商主義
15:重農主義 16:レッセ・フェール 17:経済表 18:アダム=スミス 19:諸国民の富 20:農村
No221
1:グーツヘルシャフト 2:ユンカー 3:ベーメン 4:アウクスブルクの宗教和議 5:デンマーク
6:スウェーデン 7:グスタフ2世(グスタフ=アドルフ) 8:フランス 9:スウェーデン
10:アルザス 11:オランダ 12:カルヴァン派 13:神聖ローマ帝国 14:領邦国家体制 15:グロティウス
プロフィール

鈴木先生

Author:鈴木先生
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。